写真映え抜群!波照間島のニシ浜の見どころは?

写真映え抜群!波照間島のニシ浜の見どころは?

「波照間島」という島を知っていますか?
日本全国には各地に島がたくさんありますが、波照間島は沖縄県八重山諸島にある島です。人が住む日本最南端の島としても知られており、自然や風景、島独特の雰囲気が人々の心を魅了して止みません。観光客の数は増加の一途を辿っています。
日本本土よりも台湾の方が距離的に近い面積12.7㎢の小さな島。そんな小さな島なのに、見どころが詰まっているんです。
特に観光客に人気のスポットが「ニシ浜」です。水遊びにも良いですし、シュノーケリングも最高です。眺めて癒されるのも良いでしょう。ハテルマブルーと名高い美しい海は写真映え間違いなしです。


ニシ浜とは


「ニシ」という単語から西を想像してしまいがちですが、実はこの地域では東西南北の表現の仕方が日本本土とは全く異なり、ニシは北を指します。つまり、北浜となり、実際に波照間島の北側にあるのでニシ浜と呼ばれています。
世界中で利用されている旅行口コミサイトにおいて、ニシ浜は2017年に日本のベストビーチで首位に輝くなど、様々なランキングにおいて上位に選ばれているビーチです。

波照間島で泳ぐことのできるビーチはニシ浜のみ。ニシ浜目当てに波照間島を訪れる人も多いのですが、時期や時間帯によってはあまり人がおらず、美しいビーチを独り占めすることができるかもしれません。



ハテルマブルーの海


実際に見た人だけが感じることのできる、言葉にならないくらいの青く美しい海と綺麗な白い砂浜。自然の素晴らしさを感じられるはずです。昼間に行けば、波照間の青い空も楽しめるでしょう。
夕方になればニシ浜に沈む美しい夕日を見ることができます。自然が作り出す色は神秘的で、幻想的。時間帯によってもニシ浜が見せる表情は異なるので、時間を変えて行ってみるのもオススメです。



水中の生き物


南方の海と聞くと、カラフルな魚が泳いでいるシーンを想像する人も多いのではないでしょうか。
ニシ浜には熱帯魚のみならず、珊瑚も楽しめます。更に運が良ければウミガメと遭遇できるかも...?
自然の中で悠々と泳いでいる生き物たちを間近で見たい、という方にはシュノーケリングをオススメいたします。シュノーケリング道具のレンタルショップなど、簡単な施設がありますので、ぜひ体験してみてください。

ニシ浜の写真はインターネット上に溢れていますが、実際に自分の目で見るのが一番です。
尚、ニシ浜は陽射しが強いため、日焼け止めや帽子を忘れないようにしてください。



波照間島のニシ浜に行こう!


日本にいながらも、まるで外国のような、この世ではないような感覚に陥りそうになる波照間島のニシ浜。
自然の美しさに感動し、魅了され、実際にリピーターになる人もいます。
波照間島のニシ浜へ行くには、石垣島の離島ターミナルから船に乗る必要があります。波照間島に行った経験のある人の間では有名ですが、波照間島を発着する船の欠航率の高さを考慮しておかなければなりません。

波照間島発着の船は天気が良い場合であっても、海の荒れなどでよく欠航する為、波照間島に行く際は、欠航の可能性も考えて予定を組むなど柔軟に対応できるようにしておくと良いでしょう。


ツアーの詳細はこちら

沖縄の魅力一覧に戻る