四国を旅行するならココは押さえておきたいスポット&エリア情報

四国というと...道後温泉、坊ちゃん列車、金刀比羅宮、四万十川、桂浜、鳴門の渦潮...。行ってみたい場所はあるのだけど...。ぜひ、四国への旅行を計画してみませんか?最近話題の東洋のマチュピチュと呼ばれている別子銅山にも注目です。自然豊かな魅力溢れる四国の観光情報をご紹介します。本場ならではの讃岐うどんも楽しみですね。アクセス情報を元に、あなただけの四国ぐるり旅行計画を!おすすめツアーもご案内します。


 こんなところあります四国~海と島編~

瀬戸内海・太平洋と四国4県とも海に面しており、それぞれの海の雄大さを感じることができます。瀬戸内海の穏やかさ、美しい島々、のどかな風景は数多くの欧米人からも絶賛されているとか。世界三大潮流の一つとされている鳴門の渦潮や、かつての歴史の偉人達が眺めた穏やかな太平洋の雄大さも四国ならではの風景です。


【高知県】桂浜
(かつらはま)

桂浜には、幕末の志士坂本龍馬の銅像があり、全国の龍馬ファンが訪れる全国でも有名な観光名所です。坂本龍馬記念館は歴史的な書簡等が多く展示され、見応え十分。桂浜近くの浦戸漁港からはホエールウォッチングも楽しめます。太平洋を眺めながらのんびり散策もおすすめ。

【徳島県】鳴門海峡
(なるとかいきょう)

鳴門の渦潮として有名なこの現象は、世界的にも珍しく「世界三大潮流の一つ」とされています。ダイナミックな潮流鑑賞は、観覧船に乗車して見学するか、渦の道という遊歩道を利用するのがおすすめ!渦の道では、海上45メートルのガラス床からのぞき込むこともでき迫力があります。

【愛媛県】しまなみ海道
(しまなみかいどう)

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ街道は、美しい自然に満たされた瀬戸内海とその島々を満喫できます。各人気スポットをドライブで観光するのも魅力ですが、自転車好きの方は是非サイクリングを!レンタサイクルも人気です。四季それぞれの豊富な自然を楽しむ事ができます。

【香川県】瀬戸大橋
(せとおおはし)

本州四国を結ぶ世界最大級の橋梁が連なる瀬戸大橋は、昭和63年に長年の構想を経て開通となりました。記念として計画された瀬戸大橋記念公園にある記念館では、瀬戸大橋の建設工事までの歴史や全貌等が紹介されています。瀬戸内海を一望できる展望台もあり、素晴らしい景色を楽しめます。

【香川県】小豆島
(しょうどしま)

映画二十四の瞳の舞台として有名な小豆島は、オリーブが有名。現地でオリーブを使った料理をいただいてみて!小豆島オリーブ公園はオリーブの木や地中海風の建物が立ち、まるで異国に居る様な雰囲気も。干潮時に出現するエンジェルロードと呼ばれる砂の道を大切な人と手をつないで渡ると幸せになれる素敵なジンクスも!

【高知県】足摺岬
(あしずりみさき)

四国最南端に位置する足摺岬灯台からの太平洋のダイナミックな景観は一度は見ておきたい名所です。竜串海中公園や足摺海底館では黒潮の影響を受けた美しい海に出会えます。また、歴史に大きく影響を与えたジョン万次郎の生誕の地でもあり、万次郎の生涯を辿ることができる資料館もあります。

 こんなところあります四国~山と川編~

四国中央部の東西に位置する四国山地は比較的険しく、それが気候に影響しています。石鎚山や剣山は、古くから信仰の対象で親しまれており、小説の舞台にもなっています。日本最後の清流として有名な高知県の四万十川や徳島県の祖谷渓等は、その自然美に魅了される旅人が多く、有数の四国の観光スポットです。四季折々の景色は素晴らしく、夏はアクティビティが盛んです。


【愛媛県】石鎚山
(いしづちさん)

四国最高峰で標高1982mの「天狗岳」を筆頭に複数のピークからなる石鎚山。四国山地の盟主にふさわしい急峻で堂々たる山域は、山そのものが信仰の対象として古くから人々に親しまれてきました。道中には山岳信仰らしい鎖場や、両側が切れ落ちた細い尾根などがあり、十分な装備で向かいたい霊峰です。

【愛媛・高知県】四国カルスト
(しこくかるすと)

四国の広がる大自然を満喫できる場所です。まさに天空の高原で、何もない神秘的な大自然が広がり、晴れた日は瀬戸内海太平洋を眺める事もできます。四国カルストへ行くまでに少し距離があります。車の運転が得意な方はさらにおすすめ。夏場でも少し冷えるので、上着は必ず携帯を。

【徳島県】剣山
(つるぎさん)

標高1955mで四国第二の高峰「剣山」。山内には宮尾登美子の小説「天涯の花」にも登場する「キレンゲショウマ」の群生があり、世界的にも貴重なこの植物を目当てに登る方も多数。険しい名前の割には比較的なだらか山容で、山頂周辺は「平家の馬場」と呼ばれる開かれた草原の景色が広がります。

【高知県】四万十川
(しまんとがわ)

「日本最後の清流」で有名な、全長196kmの四国内で最も長い川。欄干がなく、増水時には沈んでしまう「沈下橋」が全部で47もかけられえています。川えび、鮎、うなぎ、つがに、青のりなど、川の幸も豊富です。遊覧船はもちろん、カヌー体験やサイクリングなど、楽しみ方もいろいろです。

【徳島県】祖谷渓
(いやだに)

吉野川支流の祖谷川が作り出した、V字型に深く切り込んだ溪谷。祖谷街道の開設工事で残った岩が多数あり、そのひとつで谷底まで200mもの高さのある断崖の岩には、かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られた小便小僧が立てられています。

【徳島県】かずら橋
(かずらばし)

日本3奇橋の一つとして知られるかずら橋は、国指定重要有形民俗文化財に指定されています。秘境の地祖谷に佇むその姿は大変美しく、四季それぞれに訪ねても違った趣を見せてくれます。一歩ずつ踏み出す度に軋んで揺れるので、ドキドキされる方も多いです。毎晩ライトアップされ、その光景は大変幻想的です。

【徳島県】土柱
(どちゅう)

阿波の土柱は、世界三大土柱の一つとされています。日本では阿波町だけしか見られない大変貴重な自然の宝物です。天然記念物にも指定されています。風雨の侵食で削られた断壁は迫力があります。夜間はライトアップもされており、昼とはまた違う景観も楽しむ事ができます。遊歩道から上に上がって見下ろす景色は圧巻です。

【徳島県】大歩危・小歩危
(おおぼけ・こぼけ)

春は桜、夏はアクティビティ、秋は紅葉、冬は雪と、四季それぞれの魅力があふれる渓谷。ラフティングやカヤックの名所中の名所であるほか、ボンネットバスやトロッコ列車、温泉やコタツ舟など、楽しみ方もさまざま。

【高知県】龍河洞
(りゅうがどう)

高知県の出掛けてみたい観光地の一つとして人気の龍河洞は、国の天然記念物に指定されており、自然の偉大さを感じられる大変神秘的な場所です。体験ツアー等見学コースも幾つか用意されています。アップダウンが多く狭い箇所や潜らなくてはいけない場所もあり、まさに冒険!歩きやすい服装でお出かけを。

こんなところあります四国~建築物や街並み編

四国はお城ファンでなくても一度は見学してみたい現存する天守閣がある事でも有名です。歴史好きには見所もりだくさん!江戸時代の商人達の隆盛に触れられる徳島県のうだつの街並みに立ち寄ると、タイムスリップした気分になるかも。こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は海の神様が祀られています。歴史情緒もたっぷりの四国です。


【愛媛県】別子銅山
(べっしどうざん)

「東洋のマチュピチュ」として知られる元別子銅山の産業遺跡は、じわじわと話題となっている観光スポット。曇りがかった天気に訪れるとまるで天空にそびえ立つようで、とても神秘的な風景が広がります。銅山の遺構を活かして作られたマイントピア別子には当時の鉱山鉄道をそのまま活用しており、鉄道に乗りながらの見学も可能です。砂金採りなども人気。

【香川県】金刀比羅宮
(ことひらぐう)

古くから「こんぴらさん」の愛称で親しまれている金刀比羅宮は、海の神様として祀られています。また、数多くの貴重な文化財を所蔵しています。石段が1,400近くあるので、歩きやすい靴は必須。お子様連れの方は特に軽めの荷物にした方が安心です。山道には、讃岐うどんのお店やお土産屋も多く賑わっています。

【高知県】高知城
(こうちじょう)

全国に12基しか存在しない現存天守があり、かつ本丸御殿も残るのはこの高知城だけという貴重な文化財。築城は、山内一豊。妻は内助の功で知られる千代夫人。城内には、2人の銅像もあります。天守最上階は高欄のめぐらされた外回廊で、実際に外に出ることができます!少しスリルがありますが、網が張り巡らされているのでご安心を。

【愛媛県】松山城
(まつやまじょう)

松山市内のシンボル。ロープウェイやリフトを乗り継ぎ、標高132mの勝山の先には、天守をはじめ、江戸時代から残る遺構が多く残っています。空高く聳える天守からは、瀬戸内海の島々や本州広島方まで見渡せるパノラマ。かつては、太平洋側から瀬戸内海への侵略の見張りにも役立っていたとか。

【愛媛県】宇和島城
(うわじまじょう)

城郭を囲む道を周回する時、直角に近い曲がり角を4回曲がっても元の地点に戻れない、という錯覚を起こさせるようなつくり。実は、五角形になっていて、攻めてきた兵士を混乱させるための、藤堂高虎による巧妙なしかけなのです。天守は装飾が多く、内部も障子が張られるなど、比較的平和な時代に建てられたことがわかります。

【香川県】丸亀城
(まるがめじょう)

丸亀城の魅力と言えば、何といってもその高い石垣。四層に重なってできた石垣の高さはなんと60m。高架となっている予讃線に乗っていても、遠くからその堂々たる姿を見ることが出来ます。圧倒的な石垣の大きさに対して、天守はまるで一軒家のような小ぶりな天守も必見。天守周辺からは、瀬戸大橋も見ることができます。

【愛媛県】和霊神社
(ことだまじんじゃ)

宇和島観光をするなら訪れたい和霊神社。石造りの大鳥居は日本一の大きさを誇ります。宇和島藩の家老山家清兵衛を藩主伊達秀宗が暗殺する事件が起こり、その事件に加担した者が相次いで変死したことから怨霊だと恐れられ、その霊を弔うために建立されました。7月の和霊大祭は四国の有名な祭りの一つです。

【徳島県】うだつの町並み
(うだつのまちなみ)

重要伝統的建造物保存地区・日本の道百選にも選ばれている脇町・うだつの町並み。うだつとは元々隣家からの火事が広がるのを防ぐ為に造られたものでしたが、江戸時代中期頃から商人達が自身の財力を誇示する為に建てられたとか。昔のまま風情のある町並みを散策できます。建物内を見学できる所もあります。

【香川県】栗林公園
(りつりんこうえん)

江戸時代の讃岐高松藩の歴代藩主から伝承された栗林公園は、国の特別名勝にも指定されており、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも三ツ星を獲得した日本を代表する風光明媚な公園です。四季彩りの花も豊かで、美しい庭景を造り出しています。栗林公園内では舟遊びも楽しむ事ができます。

【高知県】はりまや橋
(はりまやばし)

江戸時代に豪商播磨屋と、富商柩屋(ひつや)が互いの往来のために架けた私橋が現在のはりまや橋の由来です。現在の朱色の橋は、昭和33年の南国博覧会のために登場しました。南国博覧会後にはりまや橋をテーマにした歌謡曲が発表&映画が公開され、全国に広く知られるようになりました。はりまや橋を中心に路面電車が運行されています。

【愛媛県】道後温泉本館
(どうごおんせんほんかん)

日本最古の温泉として知られる道後温泉のシンボル「道後温泉本館」はレトロそのもの。不思議と落ち着ける昔懐かしい銭湯です。宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとなったのでは?とも噂されています。泉質は肌にとても優しくなめらか。朝6時からの太鼓の音とともに朝風呂なんて、温泉情緒があっておすすめです!

四国の文化~祭・グルメ編

四国には阿波踊りやよさこい祭り等のエネルギッシュなお祭りが多く夏の風物詩として親しまれています。滞在ホテルによっては、阿波踊り公演を年中行っている事もあります。四国の穏やかな気候、大自然がもたらす恵みを楽しめる郷土料理にも注目です。鯛めしやカツオのたたき等海の幸を中心とする絶品グルメを是非味わってみて!


【徳島県】阿波おどり

阿波おどりは、映画の舞台にもなり世界的にも有名な日本の文化の一つです。鳴門市阿波おどりを皮切りに、8月中旬頃徳島県内各地で開催されます。お祭りが開催されるのは夏ですが、阿波踊りを年中楽しめる阿波おどり会館はおすすめスポット!昼夜踊りの見学が可能で、実際に一緒に踊りを体験することも出来ます。

【高知県】よさこい祭り

土佐のエネルギーを感じられる高知のよさこい祭りは、8月中旬に行われるお祭りです。今や全国に広がっているよさこい祭りの歴史は戦後から。戦後の不況の中、市民の繁栄と商店街の振興のために開催されたお祭りだとか。毎年のお祭りで新しいものを取り入れ、見ている方を飽きさせない踊りを見学することができます。

【高知県】芋けんぴ

高知県では馴染み深いスイーツなのが、芋けんぴ。さつまいもを油で揚げて、砂糖蜜をからめた素朴な名物スイーツです。江戸時代に薩摩から土佐に伝えられたさつまいもは、土佐の土壌に合い、各地に広まったそうです。現在は、青のりや塩、ゆず風味といった様々なバリエーションがあり、お土産にもぴったりです。

【高知県】かつおのたたき

高知県に行ったら食べてみたい味覚の一つなのが、かつおのたたき。かつおの表面をワラで焼くことで、香りを閉じ込めた絶品。にんにくやネギの薬味を添えるのが一般的ですが、最近はそのままのかつおを楽しめる塩たたきも人気だとか。年中その味覚を楽しむ事ができますが、春の初鰹か秋の戻り鰹は旬の味をいただけます!

【香川県】讃岐うどん

香川に行ったら、有名な讃岐うどんをいただこう!讃岐うどんの特徴は、その麺の腰の強さ。釜揚げ、ぶっかけ、釜玉...食べ方もバリエーション豊富です。だしや醤油のこだわりはお店によって様々です。讃岐うどんの店舗は大きく分けて3タイプ。製麺所でいただくうどんは現地ならではです! そのもちもちっとした食感を味わおう!

【愛媛県】鯛めし

ご当地グルメ「鯛めし」は愛媛の伝統的郷土料理。めでたい鯛を豪快に使う鯛めしは、地方によって2つのスタイルがあります。生の鯛に特製のだしの入ったタレで漬け込んで温かいごはんにのせる鯛めし(南予地方)ご飯と一緒に鯛を炊き上げる鯛めし(中予・東予地方)どちらも美味!是非2つの味の鯛めしをご賞味下さい!

お遍路

お遍路とは、四国88箇所の礼所を巡り参詣することです。最近は、白装束の正式な巡礼姿の方もいれば簡略化した方も多く自由です。歩いてのお遍路が通常ですが、バスツアーや貸切タクシーを利用する方も多いです。基本、自由に個人で決めてお遍路へ出かける事ができますが、現地での最低限のマナーは守りましょう。

各地のアクセスをチェック!

観光情報をチェックして、行きたい場所を見つけたら、それぞれどのくらい離れているか、確認してみましょう!
※時間はあくまで目安です。交通状況や接続、時刻改正等により変動する場合もございます。

アクセス~移動にかかる目安時間(車での利用)編~

レンタカー ▲楽々移動のレンタカー♪

高松市内~徳島市内:約1時間
高松市内~松山市内:約2時間
高松市内~高知市内:約2時間10分
松山市内~高知市内:約2時間
松山市内~徳島市内:約2時間30分
高知市内~徳島市内:約2時間30分

アクセス~あの有名温泉地や観光地へはどれくらいかかるの?編

【各地への所要目安時間】
★金刀比羅宮(香川)
⇒高松市内~ 車で約1時間10分 特急列車利用で約1時間20分
⇒丸亀市内~ 車で約40分 在来線利用で約50分
⇒松山市内~ 高速利用で車で約2時間 特急列車利用で約4時間
⇒高知市内~ 高速利用で車で約1時間40分 特急列車利用で約2時間10分

★道後温泉(愛媛県)
⇒松山空港~ 車で約30分
⇒今治市内~ 車で約1時間 在来線利用で約1時間50分
⇒高松市内~ 高速利用し車で約2時間20分 特急列車利用で約2時間40分
⇒高知市内~道後温泉 高速利用し車で約2時間10分 高速バス利用で約2時間40分
⇒中村(高知)~高速利用し車で約3時間 特急列車利用で約2時間

★別子銅山(愛媛)
⇒松山市内~ 高速利用で車で約1時間10分 ⇒高松市内 高速利用で車で約1時間20分
⇒高知市内~ 高速利用で車で約1時間20分

★渦の道(徳島県)
⇒徳島空港~ 高速利用し車で約25分
⇒高松市内~ 高速利用し車で約1時間10分 特急列車と高速バス利用で約2時間
⇒祖谷渓~ 高速利用し車で約2時間
⇒高知市内~ 高速利用し車で約2時間20分 高速バス利用で約3時間40分

★祖谷渓(徳島県)
⇒徳島空港~ 高速利用し車で約2時間 ⇒徳島市内~ 高速利用し車で約2時間
⇒高松空港~ 高速利用し車で約2時間 ⇒高松市内~ 高速利用し車で約2時間10分
⇒大歩危~ 車で約20分

★大歩危・小歩危(徳島)
⇒徳島空港~ 高速利用で車で約1時間45分 ⇒高知空港~ 高速利用で車で約1時間10分
⇒徳島市内~ 高速利用で車で約1時間40分 ⇒高知市内~ 高速利用で車で約1時間10分

★桂浜(高知)
⇒高知空港~ 車で約30分 ⇒高知市内~ 車で約30分
⇒中村(高知)~ 車で約2時間10分

★足摺岬(高知)
⇒中村(高知)~ 車で約1時間10分 ⇒高知市内~ 車で約3時間

★室戸岬(高知)
⇒高知市内~ 車で約2時間10分 ⇒徳島市内~ 車で約2時間45分


坊ちゃん列車 ▲道後温泉に行くにも便利な松山市内の路面電車を走る「坊っちゃん列車」。

JRマップ ▲JR網も充実!

おすすめ四国周遊ツアー

プランニングはあなた次第!選べる空港、選べるホテル(エリア)!周遊に便利なツアーをご紹介!

もっとツアーを検索する »

他にもまだまだあります!山陰山陽方面のおすすめ観光スポット情報と人気ツアー

山陰山陽方面のおすすめ観光スポット情報と人気ツアー