本物の自然ってなんだ?「定山渓自然の村」で体験しよう!

本物の自然ってなんだ?「定山渓自然の村」で体験しよう!

北海道に行くなら、たまには都会では体験できない旅をしたいですよね。 札幌から車で30分程の「定山渓自然の村」なら四季を通して自然体験をしながら、目的に合わせてディープな時間を過ごすことができます。


森の先住民は野生動物!


定山渓は温泉地として有名ですが、森林も豊かで多くの野生動物が生息しています。 村周辺でもヒグマの痕跡が見られます。北海道のヒグマは大きいもので400㎏にもなり、出会うと危険です。
村周辺では安全確保のために電気柵やパトロールをしていますが、必ずスタッフの指示に従って行動して下さい。



参加したいプログラムが盛りだくさん!


スタッフがガイドしてくれるプログラムと、自力で経験するプログラムがあります。

【ガイドプログラム】
●ハンゴウ体験会:ナタを使った薪割りをして、ハンゴウを使って炊飯します。
●森の観察会:周辺の自然を観察し、森で遊びます。
●銀河の会:天体望遠鏡で月や惑星、夜空を観察します。
●夜間プログラム:ナイトハイクやナイトカフェ、夜ならではの自然体験をします。

その他、森の工作会、キャンプファイヤーなど開催しています。

【セルフプログラム】
●石窯料理体験:特製万能窯を時間単位で借りてピザやパンを焼くことができます。
●ドラム缶風呂体験:6月から9月の期間は、みんなで協力してお湯を沸かして、ドラム缶風呂に入れます。
●アドベンチャーエリア:シラカバの木にロープアスレチックの遊び場があります。
●ミュージアムエリア:アカエゾマツの森を散策してリスや小鳥、野草などを観察できます。
●スノープログラム:1月から3月まではソリ、タイヤチューブに乗って特設コースを滑走できます。その他スノーシューを履いて雪原を歩き動物の足跡や木の芽を探す、ネイチャースキーも体験できます。






宿泊施設と予約方法


コテージは定員5名で1泊4,700円です。モンゴルのゲルをイメージしたテントハウスは定員7名で1泊3,900円です。キャンプ用のテントを持ち込めるテントサイトは1泊500円、また、テントサイトの一部に5名用のログキャビンもあり1泊1,000円です。

宿泊利用時間は13:00~翌日の12:00まで(チェックアウトの手続きは11:30まで)。日帰りの利用時間は9:00~17:00までです。

予約は利用希望日の2ヵ月前の同じ日から電話で受付を開始しています。TEL.011-598-3100(受付時間は9:00~17:00まで)

滞在中に基本的に必要な備品は、有料でレンタルできます。ただし、食材、調理器具、食器類、洗剤、スポンジ、医薬品、防虫対策品、その他野外活動に必要と思われる物はご自身で準備して下さい。
電化製品や楽器、発電機の持ち込み花火は禁止されています。また、ペットは入村できません。



アクセス


所在地は、北海道札幌市南区定山渓(豊平峡ダム下流国有林野)
車の場合、一般駐車場に停めて施設まで(700m)歩いて下さい。公共交通機関の場合、地下鉄真駒内駅または、札幌駅前バスターミナルから「じょうてつバス」に乗車、豊平峡温泉で下車し、徒歩でおよそ2.5km(約30分)です。 (画像はイメージです)



ツアーの詳細はこちら

北海道の魅力一覧に戻る