札幌と近郊でスノーモービルで遊べるスポット5選!

札幌と近郊でスノーモービルで遊べるスポット5選!

みなさん、今年はもうスキー場には行かれましたか?季節は寒暖を繰り返しながら、温かい春へと向かっていますが、スキー場も春スキーを迎える時期になってきています。
そのスキー場でよく見かけるスノーモービル。一度は乗って(運転して)みたいと思った方も多いのではないでしょうか。スキーもスノーボードも滑れない、という方でも、スノーモービルなら雪の中を滑走することが出来るんです。

スノーモービル豆知識


「スノーモービルって免許がいるんじゃないの?」という疑問があるかしれませんが、ご心配いりません。スノーモービルランドなどの公道ではない場所で運転する分には、免許は不要。
バイクと同様、スノーモービルの速度はエンジンの排気量によるところが大きいのですが、一般的な250ccクラスで時速50kmくらいだそうです。

ちなみに、スノーモービルを発明したのは、カナダのジョセフ・アルマン・ボンバルディアという方。1922年のことだそうです。名前を聞いておや!?と思った方。そうなんです。現在、地方の航空路線で活躍しているプロペラ機「ボンバルディア」の製造元は、この方が興した企業なんです。

それでは、札幌と近郊でスノーモービルで遊べるスポットを見ていきましょう。



スノーモビルランドサッポロ


札幌市内でありながら、総延長約90kmに及ぶ日本最大級のスノーモービル専用の山岳コースがあるスノーモービルランドです。
コースからは札幌の市街地や日本海を望むことができる他、エゾリスやキタキツネなどの野生動物に出会えるお楽しみもあります。コースに出る前には平坦な場所で練習し、コース走行中はインストラクターが先導するので、初心者でも安心です。

■スノーモビルランドサッポロ
住所:札幌市西区福井478
アクセス:札幌市内から無料送迎バス運行(要予約)
公式サイト:https://www.snowmobilelandsapporo.com



ノースサファリサッポロ


スリルを味わえる動物園として人気のノースサファリサッポロでは、冬のアクティビティとしてスノーモービルが体験できます。ちょっとだけ体験してみるコースと雪原を走るコースがあり、所要時間は10分~15分なので、スノーモービルお試しにはちょうど良さそうですね。

■ノースサファリサッポロ
住所:札幌市南区豊滝469番地1
アクセス:地下鉄南北線「真駒内」からじょうてつバス「定山渓温泉」行きで約25分
公式サイト:http://www.north-safari.com



北広島クラッセスノーパーク


札幌の隣町、北広島市にある「札幌北広島クラッセホテル」が運営しているクラッセスノーパークでスノーモービルが体験できます。1周約15分の周回コースを巡ります。コースに出る前には練習がありますが、自分で運転するのが怖いという方は、スタッフの運転で後席に乗ることも可能です。

■札幌北広島クラッセホテル
住所:北広島市中の沢316-1
アクセス:JR札幌駅から車で約40分
公式サイト:http://snowpark.classe-hotel.com



ルスツリゾート スノーモービルランド


ルスツリゾートのスノーアクティビティランドで雪原を駆け抜けます。初心者にはインストラクターのサポートがつくので安心です。15分のビギナーコースから2時間のエクスペディションコースまで5つのコースが用意されている他、初日の出を拝むツアーもあります。

■ルスツリゾート スノーモービルランド
住所:虻田郡留寿都村字泉川13
アクセス:札幌から車で約90分
公式サイト:http://ski.rusutsu.co.jp/winter-activity/mobile



ホワイトアイル(White isle)ニセコ

スキーのメッカ、ニセコのスノーモービルパークです。ニセコの大自然の中をスノーモービルで駆け巡る。きっとスキーやスノーボードでは味わうことのできない満足感が待っています。

■ホワイトアイル(White isle)
住所:虻田郡倶知安町旭431-3
アクセス:札幌駅から車で約2時間、またはJR函館本線「倶知安」駅からタクシーで約10分
公式サイト:http://www.niseko-weiss.co.jp/isle/isletop-j.html

まとめ


スキー旅行に1泊加えることも出来るスノーモービル。スキーやスノーボードでは味わえない爽快感を求めてみてはいかがでしょうか?(画像はPixabayより)

ツアーの詳細はこちら

北海道の魅力一覧に戻る