桜島フェリーで巡る鹿児島・桜島

桜島フェリーで巡る鹿児島・桜島

九州の南部に位置する鹿児島と桜島。NHKの大河ドラマ「西郷どん」でますます、人気が高まってきています。
3万年ほど前に九州の南部で火山の大爆発が起き、中央がへこんで「姶良カルデラ」、降灰で「シラス台地」ができました。姶良カルデラに海水が流れ込み、錦江湾になりました。
地図を見ると、薩摩半島と大隅半島、霧島連山を含む巨大な火山の姿が見えてきます。姶良カルデラの南部にある桜島で今も噴火を続けているのが、昭和火口です。桜島に行くと火山のエネルギーと恩恵を感じます。

鹿児島県の銭湯

県内にある銭湯は、ほとんどが温泉です。銭湯巡りのガイドブック兼スタンプ帳「鹿児島湯巡帳」は、県内72か所の銭湯を紹介しています。銭湯利用料:大人390円、小人80円

桜島フェリー

鹿児島市内と桜島を結ぶ桜島フェリーは、24時間運航で、日中は15分おきに出航しています。
桜島フェリーは、鹿児島市民の足として利用されていて、料金は1人160円と格安。普通車1台でも1,150円からです。 フェリーには車ごとそのまま乗れるので、まるで駐車場に入るような手軽さです。(料金所は桜島側にあり) 所要時間15分と短いですが、展望デッキに上がって眺める桜島は、ぐんぐんと目の前に迫ってきて、迫力があります。錦江湾の中では、時々イルカの目撃情報が寄せられます。水面を飛び跳ねるイルカが、見られるかもしれません。
船内の軽食店では、名物「やぶ金うどん」をぜひ食べてみてください。15分間という短い時間で提供しているので、注文後すぐに出てきます。是非味わって欲しい出汁のきいた美味しいうどんです。
桜島フェリーでは、定期航路のほかに、錦江湾内を巡る「よりみちクルーズ」が、1日1便だけ11時5分に出航しています。所要時間は50分で、料金は500円。夏季限定の「納涼観光船」があり、鹿児島市の夜景と花火が楽しめます。

鹿児島の観光名所/桜島ビジターセンター

桜島に着いたらまずは桜島ビジターセンターを訪れてみましょう。桜島の火山博物館です。噴火の様子や歴史のほか、観光についても案内していて、今も活発に噴煙を上げている昭和火口のライブ映像や地震計などが展示してあります。
また、錦江湾でカヤック体験ができる「桜島でちゃぷちゃぷカヤック」や、ガイド付きで溶岩なぎさ遊歩道を散策する「桜島火山ガイドウォーク」なども紹介しています。

桜島ビジターセンター
住所:鹿児島市桜島横山町1722-29
電話番号:099-293-2443
URL:http://www.sakurajima.gr.jp/svc/

桜島自然恐竜公園

桜島港から10分ほど登った高台にあり、大きな恐竜の実物大遊具が設置されていて、子どもに人気の公園です。10m以上の滑り台やアスレチックがあるので、遊ぶのにはピッタリ。
展望台からの眺めは最高で、錦江湾を行き交う船や大正溶岩原が望めます。夕陽が海に沈み、夜は星が綺麗に瞬きます。春は桜の名所です。

溶岩なぎさ遊歩道

大正溶岩原の上を散策できる全長3㎞の遊歩道。溶岩なぎさ公園から海岸沿いを烏島展望台まで続いています。 溶岩なぎさ公園には、100mの日本一長い足湯があります。
途中の海岸ではノリやわかめ、貝などが取れ、釣り場としても有名です。桜島を詠った高浜虚子や角川春樹などの句碑や歌碑が点在し文学的にも面白い所です。

湯之原展望所

桜島北岳は、4合目の「湯之原展望所」まで行くことができます。標高は373mで、周りはツツジの名所になっています。 ここからの展望は、360度広がる絶景です。近くには北岳、大正溶岩原のごつごつとした山肌、遠くには鹿児島市街と霧島連山、薩摩半島と開聞岳、錦江湾と広がる外洋、何時までも眺めていたいような美しい景色です。

いおワールドかごしま水族館

鹿児島側桜島フェリー乗り場の近くには、「いおワールドかごしま水族館」があります。水族館から錦江湾につながる275mの「イルカ水路」では、水族館のイルカが自由に遊ぶ姿が見られます。時にはシイラやマンボウがいることも。また、館内ではジンベイザメやオオウナギ、アザラシなどのほか、錦江湾の生き物を展示しています。

いおワールドかごしま水族館
住所:鹿児島市港新町3-1
電話番号:099-226-2233
URL:http://ioworld.jp/

尚古集成館

尚古集成館は、藩主島津斉彬の集成館事業によって建てられた石造りの建物です。現在は、島津家の歴史資料や鹿児島の産業の歴史などを展示している博物館となっています。

尚古集成館
住所:鹿児島市吉野町9698-1
電話番号:099-247-1511
URL:http://www.shuseikan.jp/about/map.html

まとめ

雄大な自然と歴史のある魅力たっぷりな鹿児島と桜島。子どもと一緒に鹿児島旅行を楽しんでみませんか。

ツアーの詳細はこちら

九州の魅力一覧に戻る