全ての星座が見られる?西表島の魅力とは

全ての星座が見られる?西表島の魅力とは

美しい星空を見るための条件で最も大事なのはきれいな空気。そしてもうひとつは「闇」、つまり余計な明かりがないことです。

Google Earthで夜の地球を眺めてみると、人が沢山住んでいるところは煌々と明かりがついてまさに光の海。
日本も例外ではありません。東京大阪などの大都市圏は言うに及ばず、大小問わず都市と思しきところは全て明かりで埋まっています。

北海道から九州に至るまで、星空がきれいに見えるスポットは各地にありますが、石垣島と西表島のある八重山諸島の星空は別格なのです。


日本初の「星空保護区」


なぜ八重山諸島の星空は別格といえるのでしょう。
「星空保護区」というのをご存知でしょうか。平成30年(2018)3月30日(金)、沖縄・八重山諸島にある「西表石垣国立公園」は、日本初となる「星空保護区」に認定されました。

石垣島の人口約5万人に対して、西表島は約4千人。でも面積は西表島のほうが広いのです。ということは、星空を眺めるのに邪魔になる街明かりは西表島のほうが圧倒的に少ないのです。



「星空保護区」って何?


「星空保護区」とは、米国はアリゾナ州ツーソンに本部を置く「国際ダークスカイ協会」が、美しい星空の保護・保存を目的とした優れた取り組みを称える制度として2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(星空保護区認定制度)に基づいて認定した区域のことです。

ダークスカイ・コミュニティ、ダークスカイ・パーク、ダークスカイ・リザーブ、ダークスカイ・サンクチュアリ、ダークスカイ・ディベロップメントという5つのカテゴリーに分けられていて、「星空保護区」というのはそれらの総称です。

ダークスカイ・コミュニティは自治体、ダークスカイ・パークは自然公園等、ダークスカイ・リザーブは700平方キロメートル以上の場所、ダークスカイ・サンクチュアリは照明がほぼ皆無の隔絶された場所、ダークスカイ・ディベロップメントは複数の区画や地域の融合体などがそれぞれ認定の対象です。

石垣市と竹富町が申請したのは「ダークスカイ・パーク」。ダークスカイ・パークの登録箇所の大半が北米大陸で、ヨーロッパに少々、アジアは韓国に1か所しかありません。それほど貴重な場所なのです。



星座と西表島


さて、夜空にまたたく星座はいくつあるでしょう?
歴史上、世界各地で各民族が星空を眺めてさまざまな星座を名付けてきましたが、現在は88です。これは1922年に国際天文学連合が定めたものなんだそうです。

そしてなんと、西表島ではこのうち84の星座を見ることができるのです。全てが見られるわけではないのですが、それにしてもすごいですね。

珍しいのは「南十字星」。南半球でしか見ることができないと思われていますが、12月から6月の深夜から明け方にかけて南の水平線上に見ることできるのです(見える時間帯は季節によって変わります)。

天の川は天気が良ければ肉眼で見ることができます。それも度肝を抜かれるくらいはっきりと。



西表島で星を見るなら?


基本的に、西表島のどこでも素晴らしい星空を眺めることができます。地理的には島の東側は対岸の石垣市市街地の明かりがあるので、その影響を受けないためには島の北・西・南側が良いでしょう。

西表島は、島の9割がジャングルです。ジャングルの中では木立に遮られて星空の一部しか見えないので、星空見物がお目当てなら海岸、理想的には海上(ムーンライトカヌーツアーなど)がおすすめです。文字通り満天の星を満喫することができるでしょう。



星空ツアーに参加しよう


石垣島では星空の観測ツアーが数多く開催されています。年間を通して参加が可能でビーチの砂浜での観測や、クルーズ船に乗っての観測のほか、石垣島星空ファームでの観測なども行われています。

石垣島星空ファームは秘密ツアーとなっており、場所は非公開。ツアーに参加した人しか行くことができない場所で、360度の大パノラマの星空が鑑賞できます。
ホテルのアクティビティなどでも用意されていますので、石垣島に行く際にはぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。星座のことがよく分からない、どうやって探せばいいの?と心配なときにもガイドがあるので安心です。



石垣島天文台で宇宙を見よう


九州沖縄地区のなかでも、最大の天体望遠鏡のある石垣島天文台。口径105センチメートルの「むりかぶし望遠鏡」や4次元デジタル宇宙シアターでの宇宙ガイドなど、見所も盛りだくさん。

土日祝日に行われている天体観望会も人気があります。天文台への道は起伏が多いため、車で行くようにしましょう。タクシーの場合には待ち料金などに注意が必要です。(天体観望会は天候により中止、変更もあります)
なお、4次元デジタル宇宙シアターと天体観望会は予約が必要です。(電話受付時間は10時から17時まで)



石垣島天文台
住所:沖縄県石垣市新川1024-1
電話番号:0980-88-0013
公開日:水曜日から日曜日(祝日、振替休日を含む)
公開時間:10時から17時(入館は16時30分まで)
アクセス:石垣市内から車で約20分



まとめ


海やジャングル等の自然が魅力の西表島ですが、星空(宇宙)という自然も忘れてはならない西表島の魅力です。星空を堪能するためのツアーも沢山用意されているので、ぜひ参加してみましょう。(画像は写真ACより)



ツアーの詳細はこちら

沖縄の魅力一覧に戻る