おいしい海鮮を気軽に!海鮮居酒屋まとめ

北海道へ行ったらやっぱり海鮮

待ちに待った北海道旅行。食の宝庫北海道へ行くからには、観光名所をめぐるのと同じくらいに大事なのは、美味しいものをいっぱい食べる、ということではないでしょうか。

初日は空路、新千歳で北海道に入って札幌でまず一泊、というのが一般的なコースでしょう。さあ初日の晩ごはんは何にしますか?

いろいろ目移りするものの、やっぱり、カニ、イクラ、ウニ、ホタテ、エビなどなど海鮮料理に惹かれますよね。ということで、札幌で海鮮が美味しいと評判のお店をいくつかご紹介してまいりましょう。

おいしい海鮮を気軽に!海鮮居酒屋まとめ

海味 はちきょう 本店

元祖「つっこ飯」のお店です。「つっこ飯」とは、「おいさー!おいさー!」の掛け声とともに、お客様がストップ!と言うまで白飯の上に極上のイクラを盛り続ける、なんとも豪快な一品です。「つっこ飯」は全て食べきることを約束しないと注文できません。

大漁旗や集魚灯などが飾られた番屋の雰囲気満点の店内で、「つっこ飯」の他に、知床は羅臼を中心に道内各地から直送された新鮮魚介が味わえます。

住所:札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル 1F
アクセス:地下鉄南北線「すすきの」駅から徒歩約2分

函館 うにむらかみ 札幌店

ウニは保存がきかない食材です。まずいと感じるウニは、保存のために用いられるミョウバンがウニ本来の甘みや旨みを消してしまうため。うにむらかみではミョウバンを使わない無添加のウニを使います。

口に入れるとウニ本来の濃厚でクリーミーな甘みが広がります。「ウニ」は苦手、とおっしゃる方、うにむらかみへ行ってみましょう。きっと認識が変わります。

うに丼、うに刺などの生ウニの他に、蒸し、焼きなど調理したウニの美味しさは驚きの連続です。ウニの他にも店内の水槽には、タラバガニ、アワビ、ホタテ、イカなど活きたままの魚介類。さらに、器にも気を配り、目でも料理を堪能できるようにこだわっています。

住所:札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命札幌ビルB1F
アクセス:地下鉄南北線「さっぽろ」駅から徒歩約4分(地下歩行空間直結)

函館 開陽亭 すすきの店

開陽亭のモットーは「北海道産の本当に美味しい天然物」にこだわり、かつ可能な限りリーズナブルな価格で提供すること。

活イカをはじめ北海道各地の捕れたて魚介を仕入れてすぐ店内の水槽へ。名物活イカおどり造りをはじめ、活カニ・活貝・活魚を注文ごとにさばいてお客様の元へ。これ以上の「新鮮」はありませんね。活きじめの刺身ならではの甘くてとろけるような味わいを堪能できます。

住所:札幌市中央区南6条西4丁目5-27 新宿通りホワイトビルB1F
アクセス:地下鉄南北線「すすきの」駅から徒歩約3分

炉ばた焼き 浜っ子

札幌駅前通りの東側。路地を入ったところにある炉ばた焼き「浜っ子」。北海道産海鮮と家庭料理が美味しいお店で、札幌っ子にも人気です。使われる素材はもちろん北海道各地から厳選して仕入れた魚介類。

名物メニューは「カキの田楽」。自家製の味噌でカキを包んで焼き上げた一品です。これがお目当てのお客は数知れず。もうひとつは、「キャベツの海鮮お好み焼」。創業以来、40年以上変わらぬ美味しさを守り続ける伝統の一品です。海鮮だけでなく、ジンギスカンもいただけます。

住所:札幌市中央区北3条西2丁目 カミヤマビルB1F
アクセス:地下鉄「さっぽろ」駅から徒歩約2分

まとめ

札幌に数え切れないくらいある海鮮のお店から4店をピックアップしてみました。どのお店も納得の味まちがいなしです。

札幌には他にも海鮮料理が美味しいお店が数知れず。路地をさまよえば思わぬところで美味しいお店に巡り会えるかもしれません。いざ絶品海鮮を求めて札幌の路地探検へ繰り出してみませんか!

(画像は写真ACより)


札幌格安ツアーはトラベルジオ!» 札幌への旅行ならトラベルジオ!お得な格安ツアー勢揃い!