人気の北海道銘菓「白い恋人」を見て、体感しよう!

白い恋人パーク

人気の北海道銘菓「白い恋人」のテーマパーク「白い恋人パーク」では、製造工場の見学ができるだけでなく、「白い恋人」を実際に味わって、体験できる施設も充実。

「白い恋人パーク」には、無料エリアと有料エリアがあり、有料エリアを利用するには、入口にある「チケットカウンター」にて受付を行い、入館パスポートをもらいます。

白い恋人パーク

「白い恋人パーク」を構成する施設は主に3つあります。製造工場がある「チョコレートファクトリー」、キャンディ・アート専門店がある「チュダーハウス」、プロサッカーチーム「コンサドーレ札幌」専用のサッカー練習場です。

工場見学コース「ファクトリーウォーク」

「チケットカウンター」を入ってすぐの所に、「チョコレートファクトリー」があります。「チョコレートファクトリー」では、工場見学コース「ファクトリーウォーク」を行っており、入館パスポートがあると参加できます。

「ファクトリーウォーク」では、最初に大きな「白い恋人」の展示品が登場します。「ファクトリーウォーク」にある、大きな「白い恋人」のパッケージには日付が表示されており、記念撮影にぴったり。

「チョコレートファクトリー」の中に入ると、「オーロラの泉」が出迎えてくれます。様々な色の陶器が設置してあり、その表面を水が流れ落ち、水中のライトで館内が美しく彩る、噴水は1870年頃に作られた、イギリス・ロイヤルダルトン社製。

貴重な展示品も豊富に揃えています。チョコレートは18世紀頃まで、貴族の間で飲み物として好まれ、チョコレートカップが使われていました。「チョコレートファクトリー」で展示されている、チョコレートカップは現在では製造されていない貴重品です。

「チョコレートファクトリー」では、貴重なパッケージラベルも展示しており、以前に市販されていたものや、オーダーメイドで作られていたものまで、豊富に揃えています。

貴重な展示品を楽しんだ後は、「チョコ・タイムトンネル」へ移動、細かく動く人形も登場するジオラマで19世紀イギリスのチョコレート工場の様子を紹介します。

「チョコ・タイムトンネル」を抜けて、3階の見学通路に移動すると、「白い恋人」の製造ラインをガラス越しに見ることができます。焼きたてのラングドシャークッキーを使い、チョコレートをサンドする作業をはじめ、冷却、賞味期限の印字、個包装までの流れも公開。

「白い恋人」を構成する2つの素材、ラングドシャーとホワイトチョコを詳しく解説するパネルを見た後は、「お菓子作り体験工房」でオリジナルの「白い恋人」作りに挑戦。

約14cmのハート型クッキーでホワイトチョコレートをサンド、チョコペンで絵を描くと世界に一つだけの「白い恋人」の完成。小さな子どもから大人まで楽しめる内容となっています。

4階にあるカフェ「チョコレートラウンジ」はイギリス製のアンティーク家具が楽しめるだけでなく、窓からは美しい手稲の山並み、ローズガーデン、サッカー場、中庭が見渡せます。

また、からくり時計塔の「チョコレートカーニバル」の時間になると、愛くるしい人形たちのパレードが間近で見れます。

自慢のチョコレートドリンクやチョコレートフォンデュのほか、パフェやソフトクリーム類も楽しめます。ケーキ工房で製造される、人気のオリジナルケーキもおすすめ。「ファクトリーウォーク」のフィナーレは「蓄音器ギャラリー」で締めます。

「ファクトリーウォーク」は手ぶらで参加が可能(エプロンなどは準備されている)。予算や時間により、コースの選択も可能、「お菓子作り体験工房」は前日までの予約がお勧めです。

チュダーハウス

「チョコレートファクトリー」の隣にある「チュダーハウス」は無料で入館できます。「チュダーハウス」の1階にある、キャンディ・アート専門店「キャンディ・ラボ」では、カラフルでキュートなキャンディを販売。

また、キャンディ作りの実演をあめ職人が披露、カラフルなキャンディを自在にあやつる手さばきは見事です。

「キャンディ・ラボ」のキャンディは、大型のステンレス板の上に熱した飴を注いで、様々な色の飴を組み合わせて、絵柄を作り出します。

(画像は写真ACより)


札幌格安ツアーはトラベルジオ!» 札幌への旅行ならトラベルジオ!お得な格安ツアー勢揃い!