知らなかった!魚がいるポイントの見つけ方とは?

どこで釣るかが重要

魚釣りにおいてかなり重要なのが釣りのポイント選び。道具や仕掛け、エサの選択が同じでも糸を垂らす場所が違うと釣果が変わってきます。

今回は魚のいるポイントの探し方をご紹介します。ポイントの見つけ方さえ知っておけば魚が釣れる確率はかなりアップするはずです。

北海道で釣り!知らなかった!魚がいるポイントの見つけ方とは?

上流から中流にかけてのポイント

では、どのような場所を狙って仕掛けを投げ入れたらいいのかご紹介します。川の上流から中流で釣りをする時に多くの人が狙いたい魚はイワナやヤマメではないでしょうか。

イワナやヤマメは川の中にいる虫や小魚も食べるのですが、空中から落下してくる虫も重要なエサです。そのような落下してきた虫が集まるのは水が白く泡立ったところなのです。このような場所はエサが多いため、自然と魚が集まってきます。

泡立ちがなくても水が渦を巻いている場所を見つけたらそこも狙いたいポイントです。ここは渦と呼ばれるポイントで、川の底までエサを巻き込んでいきます。ここで魚は川底で待っているだけでエサが落ちてくるのを待っています。

淵と呼ばれる場所は緩やかな流れがあり、程度の水深がある場所を指します。たまりやよどいと呼ばれることもあります。落ち込みと呼ばれる水が落ち込んでいる場所の近くによく存在し、ここは流れがゆっくりしているためウキ釣りでも釣りやすいポイントです。

この淵は魚が無理なく留まっていられる早さの流れであり、このような場所はエサも集まりやすいところ。そのため、淵も恰好の釣りポイントです。

淵にある渦は特に大物が狙える場所です。潜んでいるだけでエサが落ちてくる便利な場所は魚の中でも人気のポイント。そのような場所は強いものが独占する傾向にあるため、大物狙いなら淵の渦を探しましょう。

流れが緩やかだけど淵と言うほどの深さがない場所をトロ場と呼びます。浅いトロ場は浅トロ、深いトロ場を深トロと呼んで区別します。このトロ場も魚が潜んでいる可能性が高い場所ですよ。

瀬は淵の反対で流れが速いポイント。このような場所には水生昆虫がたくさんいるため、お腹を空かせた魚が多く集まっています。瀬の始まりを瀬頭、瀬の終わりを瀬尻と呼ぶため釣り用語として覚えておきたいですね。

そして、大きな石や倒木がある場所も狙い目です。大きな石や倒木が流れの中にあるとその石の周りには緩い流れができます。このように流れが変わるところもエサが集まりやすい場所であり、魚の隠れ場所にもなるため、このような場所を見つけたら迷わず仕掛けを投げ入れたいですね。

中流から下流にかけてのポイント

川の幅が広くなり、水量が豊富な中流から下流にかけては釣れる魚の種類がぐっと増えます。

ここで狙いたいポイントは、障がい物の周辺や杭周り、ブロックの周辺などの周囲と少し流れが変わるところです。上流で言うところの落ち込みにあたる堰堤の下も狙うべきポイントです。

北海道で釣り!知らなかった!魚がいるポイントの見つけ方とは?

天気にも注意しよう

ここでご紹介したポイントを狙ってもあまり釣果が変わらないのであれば、思い切って雨の日に釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。

魚はよく晴れた日中はあまりエサを食べない傾向にあると言われています。昼間は魚影が見えやすく、鳥や動物に狙われやすいことからあまり活発に活動しないと考えられています。

対して、雨の日は人間や鳥などの陰影を魚が認識しにくいため、釣りやすくなると言われています。また、川が増水してエサとなる水生昆虫やミミズがたくさん流れてくるため、雨の日は魚にとって絶好の捕食のタイミングなのです。

ただし、豪雨の日や極端に増水した川は危険なため家でゆっくりと過ごすことをおすすめします。

(画像は写真ACより)

趣味の釣りを北海道で!釣りツアー専門サイト!海・川・湖でたのしめるおすすめツアーをご紹介» 趣味の釣りを北海道で!釣りツアー専門サイトはこちら