ヒットした魚を逃がさない!玉網は必需品

玉網の種類

苦労の末、大きい魚をようやくヒットさせたのに、上手く陸に揚げることができず、足元で魚が逃げてしまう、そんな苦い経験をしたことはありませんか。大物の魚が掛かった時に、取り込む為の網が「玉網」です。玉網は、「玉の柄」と「タモ枠」、「網」の部分に分かれています。

北海道で釣り!ヒットした魚を逃がさない!玉網は必需品

手で持ち、操作する部分である「玉の柄」は、数個のパーツから構成されており、そのパーツを順番に出して、長い棒にして使用します。

「タモ枠」の形は、「正円形」と「ナス型」、「六角形」があります。安いフレームのほとんどは、正円形で、一番古くから使われています。

ナス型は正円形と比べて重心が低いので、扱いやすく、先端(柄を取り付ける側の反対側)の幅が広くなっているので、魚が取り込みやすいので、おすすめです。安定性も良いので、持ち運びがしやすく、多少コンパクトになるので、収納が便利です。

カーブを直線にした六角形は、取り込みやすさを更に向上させた形で、安定性も高いので、壁にも立てかけやすく、おすすめです。

タモ枠の大きさ

タモ枠の大きさですが、正円形の場合、直径で45~50センチあれば、防波堤で釣れる、ほとんどの魚を取り込むは可能です。シーバスなどの大物を狙うルアー釣りでは、直径60センチ以上がおすすめです。

ルアー釣りの場合、魚が網に入る際に、魚に掛かってるルアーのフックが枠や網に引っかかり、魚が網の奥まで入らないことがあります。魚が半分ほどしか入ってない状態で、玉網に引っかかると、取り込みができなくて、魚を逃がしてしまいます。

タモ枠が大きければ、魚を玉網に入れやすく、ルアーのフックが引っかかる事も減ります。直径45センチのタモ枠に、60センチの魚を入れるのはかなり難しく、70から80センチ位の魚だと縦の状態でしか入りません。

ナス型の場合、直径が約35×45センチのものは、メバルやアジ、クロダイなどに適しています。直径が約45×55センチのものはシーバス、直径が約50×65センチのものはシーバスや大型魚向けです。

玉網の使い方

玉網の使い方ですが、魚が弱り、水面まで浮いてきたら、頭側からすくいます。尻尾の側からすくおうとすると、魚は暴れて、逃げようとします。

玉網に魚が入ると、玉の柄を寄せて、玉網を引き上げます。魚を持ち上げる時、必ず水くみバケツのヒモのように、玉の柄を使いましょう。金魚すくいみたいに、横に持ち上げると、玉の柄に負担が掛かり、すぐに折れます。

玉の柄の長さは、5メートル前後あれば、ほとんどの釣り場で使えます。120センチ前後のものは、防波堤釣り全般で使えるほか、磯釣りなどにも使えます。70センチ前後のものは、ヘチ・落とし込み釣り、ルアー釣り、エギングにおすすめです。

タモ枠に使われる材質は、ステンレスやアルミ、カーボンが一般的です。ステンレスはサビに強いだけでなく、耐久性にも優れています。それなりに重いステンレスですが、中空になっているものとか、軽量化も進んでいるものもあります。

アルミは軽くて、使いやすいのですが、塩に弱い。サビは鉄ほど目立たないので、劣化に気づかずに、ある日突然タモ枠が壊れることもあるので、日頃から注意が必要です。

カーボンが最も軽量で、操作性と耐久性も高く、塩による劣化も無いのですが、値段は高くなります。また、粘りがないので、ぶつけたり、踏んだりしてしまうと、破損しやすいのが欠点です。

玉網には、「ワンピース式」と「折りたたみ式」があります。ジョイントがない「ワンピース式」は、折りたたむ事ができないのですが、強度があって、壊れにくいので長持ちします。

ジョイントがある「折りたたみ式」は、折りたたむことが可能で、「4つ折り」「3つ折り」などのタイプがあります。ジョイントの部分は構造上、弱くなってしまい、ワンピース式比べて、強度は落ちます。

使用後は、真水で洗って、ジョイントの部分に注油をしないと、腐食を起きて、壊れやすくなります。

(画像は写真ACより)

趣味の釣りを北海道で!釣りツアー専門サイト!海・川・湖でたのしめるおすすめツアーをご紹介» 趣味の釣りを北海道で!釣りツアー専門サイトはこちら