石垣市のゆるキャラがお出迎え!石垣空港の見所といえば?

石垣島をはじめとした八重山諸島の玄関口、石垣空港は、2013年に開港した空港です。2000mの滑走路を有しており、那覇空港からの航空便が充実しているほか、本州からの直行便も運航されています。afg6krxaターミナルビルには、八重山ならではの食事が楽しめるフードコートや、石垣島のお土産が買えるお店があるほか、屋上の展望デッキからは、滑走路のほか、石垣島の海を眺めることができます。石垣空港の魅力についてご紹介します。afg6krxa

画像引用元:写真AChttps://www.photo-ac.com/afg6krxa

石垣空港について

「南ぬ島(ぱいぬしま) 石垣空港」の愛称で親しまれる石垣空港は、2013年、旧石垣空港から移転し、新たに開港した空港です。

滑走路が短かった旧空港時代、本州からの便は、燃料補給で那覇空港などを経由していましたが、新空港は2000mの滑走路を有しており、小・中型機の運航が開始したことで、本州からの便が経由地なしで直行可能になりました。それに伴って、石垣島への利便性が大きく向上しました。

石垣空港へは、本州からは羽田空港、中部国際空港、関西国際空港から運航しています。

石垣空港は、到着ロビーのほか、飲食店やお土産店などの店舗が1階にまとまっており、ターミナルビル内はわかりやすくなっています。屋上には展望デッキがあり、ターミナルビル入り口には、石垣市の公認キャラクター「ぱいーぐる」が観光客を出迎えます。

住所:沖縄県石垣市字白保アクセス:本州各地から直行便で約2時間30分~約3時間、那覇空港より約1時間

ターミナルビルで、石垣島のお土産を買おう!

石垣空港のターミナルビルは、お土産店が充実しています。

石垣の塩、お酒、お菓子が買えるお店や、八重山の特産品、「八重山みんさー織」のお店、そして、竹富町や与那国町のお土産である「島土産」のお店などがあり、どれをお土産にしようか迷ってしまうほどです。

また、お土産店では、石垣市や竹富町のゆるキャラや、沖縄に伝わるライオンに似た伝説上の生き物「シーサー」の置物も販売されており、これらも思わず欲しくなってしまいます。

石垣空港で、八重山の食事を味わおう!

石垣空港を訪れたら、八重山ならではの食事をいただきましょう。

八重山そば専門店の「やいま村」では、八重山そばを意味する「やいまそば」や、豚の骨付き肉が載っている「ソーキそば」などが味わえます。トッピングも自由なので、オリジナルのそばを味わいましょう。

また、旧空港時代のお店がリニューアルオープンした「ゆうなパーラー」では、八重山そばはもちろんのこと、ラーメンや沖縄の炊き込みご飯「ジューシー」や丼ものなど、さまざまなメニューが味わえます。

きれいな店内で雰囲気も良く、石垣島から旅立つのが惜しい、と思わず感じるようなお店です。

展望デッキからの眺めを楽しもう!

石垣空港の屋上には、「展望デッキ」があります。展望デッキへは、1階からのエレベーターを利用しましょう。

展望デッキからは、石垣空港の滑走路のほか、遠くに見える石垣の海がきれいです。そのほか、標高526mの山、於茂登岳(おもとだけ)の眺めも雄大です。展望デッキからは、360度の石垣島の眺めが楽しめるので、空港を訪れたら、展望デッキにも足を運んでみましょう。

石垣市のゆるキャラ「ぱいーぐる」がお出迎え

石垣空港の入り口では、石垣市の公認キャラクター「ぱいーぐる」がお出迎えします。

ぱいーぐるは、八重山の森に生息する特別天然記念物「カンムリワシ」をモチーフとしたゆるキャラで、全国に石垣島をアピールしています。生まれは石垣島の於茂登岳、尊敬する人は具志堅用高さんという、かわいらしいキャラクターです。

また、ぱいーぐるのグッズは、石垣空港のお土産店でも販売されています。石垣島を訪れた記念にグッズを買うのもいいですね。

石垣空港には、いろいろなお土産店や飲食店があるほか、屋上には展望デッキもあるので、石垣島で過ごしたひとときの余韻を感じることができます。石垣島を出発する前に、空港内を散策すると、楽しい時間が過ごせることでしょう。


格安石垣島ツアーはトラベルジオ!お得な石垣島旅行を検索してください» 石垣島への旅行ならトラベルジオ!お得な格安ツアー勢揃い!