宮古島から近い伊良部島と下地島の魅力は?

伊良部島・下地島ってどこにあるどんな島?

沖縄本島と石垣島のほぼ中間に位置する宮古島。沖縄本島からの距離はおよそ300km。その宮古島のすぐ西隣にあるのが伊良部島と下地島です。島と島との間は100mたらずの水路で隔てられているだけなので、実際には一つの島に見えます。

長らく船でしか行くことのできなかった伊良部島・下地島に、2015年に待望の橋が開通して、がぜん人気が高まりました。数ある沖縄の離島の中で注目を集める伊良部島・下地島のおすすめスポットをご紹介いたしましょう。

宮古島から近い伊良部島と下地島の魅力は?

伊良部大橋

伊良部島には、宮古島の中心、宮古島市から手軽に行くことができます。宮古島中心部から南西方向に4kmほど走ると伊良部大橋です。全長は3,540m。橋と陸地との接続道路を含めると6,500mにもなります。橋の長さでは日本で5番目ですが、無料で通行できる橋としては日本最長を誇ります。

橋を渡ったら牧山展望台へ行ってみましょう。伊良部島の最も標高の高いところにある展望台で、サシバという鳥の形をしています。展望台からの眺めは「こういうのを絶景といいます」という見本。コバルトブルーの海に浮かぶ伊良部大橋島や宮古島の全景をまぶたに焼き付けましょう。

おすすめビーチふたつ

伊良部島のおすすめビーチは、伊良部島と下地島の接続部分の両端にあります。

●渡口の浜
伊良部大橋を渡って左折し、約4kmのところにあるビーチです。真っ白な砂、透明度抜群の澄みきった海。波打ち際の描くカーブが絶妙でまさに楽園です。

●佐和田の浜
渡口の浜から伊良部島と下地島を隔てる水路沿いに4kmほど行くと反対側の浜に出ます。ここが日本の渚100選にも選出された佐和田の浜です。無数の岩が遠浅の海に散らばる不思議な光景を見ることができます。浜が北西に向いているので、夕焼けの眺めが最高です。

下地島空港

下地島に渡ると、巨大な空港があります。下地島空港です。宮古島の宮古空港にある滑走路は長さが2,000mですが、下地島空港の滑走路長は3,000mもあります。それもそのはず、下地島空港はパイロット養成のために作られた飛行場なのです。

滑走路北側周辺は「下地島空港17エンド」と呼ばれる、飛行機撮影スポットして有名な場所。コバルトブルーの海上をアプローチしてくる旅客機を間近で撮影することができます。

2014年にANAが訓練を取りやめてからは、海上保安庁等の小型機しか見られなくなったのですが、2017年10月からバニラ・エアがエアバスA320の訓練を開始したので、また大型機の迫力ある離着陸を見ることができるようになりました。

通り池

下地島の西側に行ってみましょう。海沿いに丸い池がふたつ並んでいます。その名は「通り池」。面白くもなんともない名称ですが、有名なダイビングスポットです。国の名勝と天然記念物に指定されています。

海側の池は「一の池」、内陸側は「二の池」と呼ばれています。大きさ・深さはそれぞれ、直径75m・水深45m、直径55m・水深25mあります。

海岸にあった鍾乳洞の天井が崩落して、そこに海水が流れ込んでできたものなのだとか。ふたつの池は地下でつながっていて、さらに「一の池」は海につながっています。「通り池」という名称はここから来ているそうです。

海とつながっているために、潮の干満で水面が上下して水面の色が様々に変化して見えます。ダイバーは、海から潜って海と池との接続部分をくぐりぬけて池に浮上する、という珍しい体験をすることもできます。神秘の表情を見せる池なので、伝説も幾つか伝えられているそうです。

まとめ

ご紹介した他にも、伊良部島には青の洞窟や、ヤマトブー大岩・帯岩(おびいわ)といった奇岩が見られる場所など見所が数多くあります。宮古島を一巡りしたあとは、伊良部島をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

(画像は写真ACより)


格安宮古島ツアーはトラベルジオ!» 宮古島への旅行ならトラベルジオ!お得な格安ツアー勢揃い!