閉じる

矢印

サイト内検索

みなさん、旅に出た時って夜になるととっても新鮮な気持ちになりませんか?
いつもと違う景色、でも過ごしている時間は一緒。旅先で味わう夜の時間は、
今この一瞬の大切さを教えてくれる気がします。
この景色、一生の思い出にしたい。この景色、大切な人と見たい。
そんなあなたにオススメしたい、各地の夜景・星空観光スポットを集めました!

1位 石垣島(星空保護区)

石垣島は、観測できる星の数が多く、空気がきれいで星がきれいに見えるため、
実は星空観測のメッカ!
その星空の美しさから、日本初の「星空保護区」認定、アジアでは2番目の認定になりました。
島内どこからでもきれいな星空が見られますが、せっかくの石垣旅行、特別な星空観測を体験してみてはいかがでしょうか?
やいま村にて期間限定オープンの「星空ビレッジ」で大人も子供も星と遊んだり!
てぃんがーらクルーズ参加で海風を感じながら、ロマンチックに星空を堪能したり♪
そのほかにも楽しみ方いっぱい!
6月末頃までは南十字星が空にのぼり、7月から10月中旬までは天の川が見られます。
今が絶好の星空観測シーズン!この機会をお見逃しなく★
石垣やいま村

【住所】沖縄県石垣市名蔵967-1
【電話番号(問い合わせ)】0980-82-8798
【アクセス】お車で…空港から約25分、市街から約20分
【駐車場】100台(無料)
【営業時間】9:00~17:30(受付17:00まで)
【定休日】なし
【料金】大人1,000円(中学生以上)子供500円(3歳以上小学生以下)


ぷしぃぬしま(てぃんがーらクルーズ催行ショップ)

【住所】沖縄県石垣市美崎町2番地
【電話番号(問い合わせ)】0980-88-6363
【アクセス】空港から車で約25分、石垣港離島ターミナルからすぐ
【駐車場】あり(無料)
【営業時間】9:00~18:00

【石垣地域に泊まる!オススメツアーはこちら】

2位 やんばる(本島北部)

やんばる(沖縄本島北部)は、自然に囲まれた静かで緑豊かなエリアです。
特におすすめの展望スポットとしては3つ。辺戸岬、茅打ちバンタ、国頭村森林公園からの星空観察。
「辺戸岬」は、沖縄本島の最北端にあり、水平線付近まで星を観察でき、美しい絶景を楽しめます。
次に、「茅打ちバンタ」は周辺の灯りが少々あるものの天の川がすぐ分かるきれいな星空を観ることができます。
最後に、「国頭村森林公園」は昼間はキャンプ、スポーツなど多目的に楽しむことが出来ます。
夜は星空観光スポットとしてファミリーで気軽に星空を楽しみたい人や、本格的に天体観測をしたい人にもおすすめのスポットです。
ぜひ一度、沖縄の自然を感じるやんばるに泊まって、夜は満天の星空をお楽しみください。
辺戸岬
【住所】沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
【電話番号(問い合わせ)】0980-41-2101(国頭村役場)
【アクセス】沖縄道許田ICから車で約80分
【駐車場】あり(無料)
【料金】無料

茅打ちバンタ
【住所】沖縄県国頭郡国頭村字宜名真
【電話番号(問い合わせ)】0980-41-2101(国頭村役場)
【アクセス】沖縄道許田ICから車で約70分
【駐車場】あり(無料)
【料金】無料

国頭村森林公園
【住所】沖縄県国頭村字辺土名1094-1
【電話番号(問い合わせ)】0980-50-1022
【アクセス】沖縄道許田ICから車で約60分
【駐車場】あり(無料)
【営業時間】9:00~18:00(公園・宿泊)
      10:00~16:00(やんばる森のおもちゃ美術館、最終受付15:00)
【定休日】年中無休(公園・宿泊)毎週火曜日(やんばる森のおもちゃ美術館)
【料金】やんばる森のおもちゃ美術館:村内(中学生以上)200円・村外(中学生以上)400円
【やんばる地域に泊まる!オススメツアーはこちら】

3位 波照間島(星空観測タワー)

「星空に一番近い島」波照間島は、石垣港から船で90分の日本最南端の有人島です。
美しい海に囲まれた波照間島は県内でも好条件で南十字星が観測できる島としても知られています。
又、島の南端には星空観測タワーもあります。
周辺に灯りがない場所にあるので、夜は満天の星空が存分に楽しめます。
タワー内にはプラネタリウム、天体ドーム、屋上では実際の星空での星座解説(星空ガイド)も行われるなど 様々な方法で星が満喫できます。
ぜひ島に泊まって、昼間はハテルマブルーの海、日本最南端の碑など観光スポットを、夜は南十字星をはじめ星空観賞をご堪能ください。
波照間島(星空観測タワー)
【住所】竹富町波照間3905-1
【電話番号(問い合わせ)】0980-85-8112
【アクセス】車で…波照間港から約25分 
※現地ではレンタカー又はレンタサイクルの利用をオススメします。
【駐車場】10台
【営業時間】10時~12時、13時~17時、20時~22時(11~3月は19時~21時)
【定休日】月曜、年始(1日~3日は夜間のみ開館) 、旧盆…旧暦7月14日(ムシャマー)
【利用料金】入館料 大人400円 小人200円
【波照間島で星空ツアーに行く!オススメツアーはこちら】

1位 函館山(函館市)

日本三大夜景にも数えられており屈指の知名度を誇る函館の夜景。
名前だけは聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?
日本を訪れる外国人観光客向けガイドブック<ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン>に3つ星としても掲載されており、日本のみならず海外の観光客も多い人気の夜景スポットなのです!
標高334メートルの山頂から見下ろした夜景は「宝石箱を開いた瞬間の感動」と形容され、多くの観光客を魅了しています。ベストタイムは日没後約20~30分後。
濃紺に染まった空に街の明かりが映え、美しい夜景を見ることができます。
季節によって日没時刻は異なるため、事前のチェックは欠かさずに!

函館山(函館山ロープウェイ)
【住所】北海道函館市元町19-7(山麓駅)
【電話番号(問い合わせ)】0138-23-3105(総合案内)
【アクセス】お車で…函館空港から函館ロープウェイ山麓駅まで約30分
函館駅から函館ロープウェイ山麓駅まで約10分
市電で…函館駅から「十字街電停」駅下車 ロープウェイ山麓駅まで徒歩 合計約40分
【駐車場】山麓駅付近:85台(無料)山頂:あり(無料)
【営業時間】4月25日~10月15日 始発10:00/上り最終21:50/下り最終22:00
10月16日~4月24日 始発10:00/上り最終20:50/下り最終21:00
【料金】往復:大人(中学生以上)1,280円/小人640円 片道:大人(中学生以上)780円/小人390円

【函館山に行く!オススメツアーはこちら】

2位 藻岩山(札幌市)

日本新三大夜景に認定され、今話題のスポットとなっている札幌市「藻岩山」からの夜景。
函館山、小樽市の天狗山に並び「北海道三大夜景」とも呼ばれています。
この藻岩山は 標高531メートル、札幌市のほぼ真ん中に位置するため 山頂の展望台からは札幌の街並みを360度見渡すことが出来ます。
街には、ナトリウム灯の街灯が多いため暖色系が強く、眺める夜景からは温かみを感じられます。
この夜景は、2016年に全国の夜景鑑定士が選ぶ「日本百名月」にも認定されており、更に注目を集めています!山頂の展望台までは ロープウェイとケーブルカーが通っていますので、向かうまでの時間も是非お楽しみ下さい♪

藻岩山展望台
【住所】北海道 札幌市中央区伏見5丁目3−7
【電話番号(問い合わせ)】011-561-8177
【アクセス】札幌駅から…車で約30分、路面電車「西4丁目(内回り線)」で約20分。
「ロープウェイ入口」で下車して、「南19西15」から無料シャトルバスでもいわ山麓駅まで5分。
【駐車場】あり(無料)
【営業時間】4月1日~11月30日 10:30~22:00/上り最終21:30
12月1日~3月31日 11:00~22:00/上り最終21:30
※12/31・1/1については特別営業となります。詳しくはHPをご確認下さい。
【料金】ロープウェイ+もーりすカー(ミニケーブルカー)往復:大人1,700円/小人(小学生以下)850円

【藻岩山に行く!オススメツアーはこちら】

3位 摩周湖(阿寒国立公園)

北海道の星空観光で是非訪れてほしいのが、
道東エリア・弟子屈(てしかが)町にある「摩周湖」と呼ばれる湖です。
摩周湖は周囲20km、面積19.2km2のカルデラ湖としては日本国内で6番目に大きな湖です。この摩周湖は流れ込む川が一つもない為、不純物をほとんど含まない水を作り出しています。
その為、湖の透明度は世界屈指のものとなっており「摩周ブルー」とも呼ばれています。そんな摩周湖周辺には三ヶ所の展望台があり、夜は星空を眺めるにはベストスポットとなっています!
360度見渡すことの出来る摩周湖の星空は、忘れられない絶景となるでしょう。是非、ご堪能下さい♪

摩周第一展望台
  ★人気の定番スポット!
【住所】北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野
【電話番号(問い合わせ)】015-482-1530
【アクセス】釧網本線・摩周駅より車で約20分、摩周駅から路線バスで約25分
【駐車場】140台(有料)
摩周第三展望台 【電話番号(問い合わせ)】015-482-2191
【アクセス】第一展望台から車で約7分
【駐車場】30台(無料)
裏摩周展望台 【住所】北海道斜里郡清里町清泉
【電話番号(問い合わせ)】0152-25-3601
【アクセス】第一展望台から車で約1時間
【駐車場】20台(無料)

【摩周湖に行く!オススメツアーはこちら】

1位 稲佐山(長崎市)

長崎市のランドマーク的存在であり長崎の夜景を望む絶景スポットです♪
稲佐山から眺める夜景は1,000万ドルの夜景と言われるほど美しく、香港、モナコと共に2012年「世界新三大夜景」に選ばれ、2015年には札幌、神戸と共に「日本新三大夜景」に選ばれました。天気の良い日中は雲仙や天草、五島列島までも見渡すことができ、多くの観光客が訪れる長崎の定番観光スポットにもなっています。
稲佐山の展望台までは車とロープウェイとどちらでもでも向かうことができますが、ロープウェイで行けば展望台に向かうまでの間も夜景をじっくり見ることができます。

稲佐山展望台(長崎ロープウェイ)
【住所】長崎市淵町(ふちまち)8-1
【電話番号(問い合わせ)】095-861-3640
【アクセス】長崎駅前バス停より長崎バス4番系統(下大橋)に乗車し約20分。「ロープウェイ前」バス停下車。徒歩約2分
【駐車場】40台(利用料金は30分ごとに100円、ただし最初の20分は無料)
【営業時間】9:00~22:00(※12月上旬は、定期整備のため運休予定)
【定休日】なし
【料金】往復:一般1,230円/中・高920円/小610円 片道:一般720円/中・高510円/小410円

【長崎市に行く!オススメツアーはこちら】

2位 十文字原展望台(大分県 別府市)

大分県内の夜景スポットでトップクラスの規模を誇る十文字原展望台。
別府湾を中心に160度近くの迫力ある夜景を観賞できます。
十文字原展望台は大分県では最も有名な夜景スポットであり、地元の人たちも度々訪れる夜景スポット♪
宝石を散りばめたような街の光から温泉街の賑やかさが感じられ、日中とは違った趣きがあります。
展望台からは鉄輪温泉や別府温泉、またその先には別府湾が見られ、日中は四国まで眺望できます。
夜景100選の看板も設置されており、別府湾沿いに広がる夜景を楽しめます。

十文字原展望台
【住所】別府市大字野田字大窪1199-10 【電話番号(問い合わせ)】0977-21-1128(別府市観光課)
【アクセス】別府駅前から亀の井バス(APU方面)で約40分。
「日本の夜景100選 十文字原展望台前」バス停下車。徒歩約5分
【駐車場】8台(無料)
【営業時間】終日利用可能
【料金】無料

【別府市に行く!オススメツアーはこちら】

3位 城山展望台(鹿児島県)

©鹿児島市

城山展望台は鹿児島市の標高107mの小高い山の城山の頂にある展望台です。
展望台からは桜島をはじめ錦江湾や鹿児島市街地を一望できる絶景スポット♪
天気の良い日には遠く霧島や指宿の開聞岳も見えますが日中の景観だけではなく、夜景の美しさが評判となっています。展望台のある山頂には、樹齢約400年にもなるクスの大木など常緑広葉樹やシロヤマシダ、シロヤマゼンマイなどが密生して自然の宝庫となっています。
また城山周辺は、西南の役で最後の激戦地となった場所であり、鹿児島の風景に加えて、数々の史跡を見ることができます。
城山展望台

【住所】鹿児島市城山町22-13
【電話番号(問い合わせ)】099-216-1398(建設局 都市計画部)
【アクセス】鹿児島中央駅から車で約15分
【駐車場】8台(無料)
【営業時間】終日利用可能
【料金】無料

【城山展望台に行く!オススメツアーはこちら】